L01の徹底解説!口コミ・評判を徹底分析!

L01の徹底解説!口コミ・評判を徹底分析!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXホームルーター「L01」の徹底解説!口コミ・評判も記載しました!

 

 

ホームルーターにも関わらず回線の開通工事が不要で、気軽に導入することができるWiMAXホームルーター「L01(Speed Wi-Fi HOME L01)」が、2017年2月17日に発売されました。
高い通信性能はもちろんのこと、その他便利な機能が充実した期待の新機種となっています。
そんな「L01」の詳しいスペックや使用者のリアルな評判などをまとめてご紹介いたします。

 

■「L01」のスペックは??

最新のホームルーター端末「L01」の詳しいスペックは次のようになっています。

 

製品名 Speed Wi-Fi HOME L01
製造元 HUAWEI TECHNOLOGIES CO.LTD
通信方式
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE
外形寸法(mm) 約H180×W93×D93mm
質量 約493g
最大通信速度
  • 下り最大440Mbps
  • 上り最大30Mbps
対応OS

WindowsR 10、8.1、8、7、Vista
Mac OS Sierra 10.12
Mac OS X 10.11、10.10、10.9、10.8、10.7、10.6、10.5

有線LAN規格 Ethernet 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
無線LAN規格

IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
<セキュリティ>
WPA-PSK,WPA2-PSK(AES/TKIP)SSIDステルス機能

最大同時接続数 計42台(LANポート×2台、Wi-Fi SSID×2×20台)
電源
  • ACアダプタのみ
  • バッテリー動作非対応
本体カラー ホワイト
インジケーター LED(受信レベル/Mode・update/ステータス)

 

 

 

■「L01」の特徴は??

「L01」には多くの特徴がありますが、その中でも特に注目すべき5つの特徴についてご紹介します。

 

<1.開通工事は不要でも高速通信>

「L01」は回線の開通工事が必要ありません。
面倒な工事の立会いも必要なく、端末をコンセントへつなげるだけですぐに使えるようになります。
それにも関わらず4×4MIMOとキャリアアグリゲーションを組み合わせることで、下り最大440Mbpsの高速通信が実現。
一方で上り回線もキャリアアグリゲーションと64QAM変調方式によって、通信速度がこれまでの上り最大10Mbpsから上り最大30Mbpsにまで大幅に向上しています。

 

<2.スタイリッシュなデザイン>

端末のデザインはまるでアロマディフューザーのようなシンプルでおしゃれなデザインとなっています。
アンテナ内蔵のスタイリッシュなデザインはどんな部屋に設置してもインテリアに馴染み、違和感を感じさせません。
コンパクトな設計も場所を取らず便利で、就寝時にランプの光が気にならない「LED消灯モード」を搭載しているので、寝室に置いても問題ないでしょう。
このLEDランプの点灯設定は管理画面の設定から変更できます。

 

<3.持ち運んで使える>

「L01」は自宅のみならず外出先などにも持ち運んで使用することができます。
その際もコンセントにつなげるだけで使用できるので非常に便利です。
普段はなかなか外出先でホームルーターを使う機会はないと思いますが、インターネット環境のない場所で会議やセミナーなどを行う場合には大活躍してくれるでしょう。
最大で42台までネットに同時接続可能なので、ちょっとしたセミナー程度であれば十分に対応できます。
軽量コンパクトな作りなので、持ち運びが苦にならないところも嬉しいポイントですね。

 

<4.ワンタッチで接続>

通常ルーターとスマホを接続するときにはSSIDとパスワードの入力が必要ですが、「L01」の場合はスマホをルーター上部にかざすだけでWi-Fi接続が可能となっています。
煩わしい入力作業が必要なく、新時代を感じさせる機能です。

 

<5.通信速度規制の緩和>

2017年2月2日から、通信速度の制限が直近3日間で10GBへ緩和されました。
それまでは3日間3GBで制限されていたことを考えると、大幅な改善だといえます。
3日連続で動画を長時間見続けたりしなければ、制限されることはほぼないのではないでしょうか。
WiMAX 2+およびLTE方式のデータ量の合計が10GBを超えた場合は、その翌日の18時から翌々日の2時までの間が速度制限の対象となります。
制限中の速度は概ね1Mbpsで、YouTube動画の標準画質レベルの閲覧が可能な速度です。
動画を見れる速度なので、1人でネットサーフィンをしたりSNSを楽しむ程度は問題なくできます。
ただし4〜5人の家族全員が同時に接続するなると話は別で、Webサイトの閲覧にもストレスを感じてしまう速度になってしまうでしょう。

 

■ネット上での「L01」使用者の口コミ、評判は??

「L01」使用者がネットで使用感などを投稿していますが、その評判は上々なようです。
新しい端末なのでまだまだ口コミは少ないですが、これから普及するにつれて情報も増えてくるでしょう。

 


 


 


 

Twitterでの評判を見てみると、通信速度には満足している意見が多く見受けられます。
特に下りの速度は抜群なようで、最新の4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの組合せが威力を発揮しているようです。
ただ、この4×4MIMOとキャリアアグリゲーションの組合せは実はまだ全国対応はしておらず、東名阪のエリアのみとなっています。
しかし2017年4月末までには全国の主要都市に対応エリアが拡大される予定なので、現在はまだ満足な速度が出ていない地方在住の人でも安心です。

 

■モバイルルーターとの違い

2階建ての建物でも、1階に「L01」を設置しておけば2階へも十分に電波は届きます。
モバイルルーターの場合は「L01」と同じ速度が出る機種でも、フロアが変わると快適な通信速度は保てない可能性が高くなります。
そこがモバイルルーターとホームルーターの電波の強さの違いです。
一般的なアパートやマンションであれば、ワンフロアなのでモバイルルーターでも大きな問題はないかもしれませんが、2階建ての住宅となればホームルーターが断然おすすめとなります。
特に「L01」であれば最大42台まで同時接続できることもあり、家族で使っても快適に使用できるでしょう。

 

■まとめ

設置の手軽さや通信速度の面でも、これからホームルーターを導入するなら「L01」は非常におすすめの端末です。
地方在住でどうしても通信速度が気になる場合は、15〜20日間程度お試しできるサービスなどもあるので、そういったサービスを最大限活用してみることをおすすめします。
ルーターとしての性能自体は疑いようのないものなので、「L01」は今後定番のホームルーターとして様々なシーンで活躍していくことでしょう。

 

参考URL
http://www.uqwimax.jp/products/wimax/home_l01/
http://www.uqwimax.jp/information/201612221.html

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAX契約前に口コミ、評判を見よ!


「本当にWiMAXに契約していいのだろうか・・??」

「やっぱり光回線の方がいいのでは・・・??」

とWiMAXに契約しようか悩んでいるあなたのために今回、WiMAXの口コミ、評判をぶった切りました!

読者から「なるほど、これならWiMAXに契約してもイイかもね!」とよくメッセージを貰います。


WiMAX2+プロバイダの評判、口コミ!おすすめはどれ??最大3万円のキャッシュバックが貰えるってマジ!?